迷って入ったサークルがある大学生の末路

こんにちは!

 

ドラゴン使いのワタルです!

大学一年生でシリコンバレー視察、企業協賛を得て学生向けバスケットボール大会の企画運営、サークルの立ち上げなどなどを経験してきました。

 

 

突然ですが、、、

 

 

 

え、今入ってるサークル、最初入るかどうか迷ってたサークルなの??????

 

 

はっきり言います。

 

 

 

そのサークル合ってないし、時間の無駄だから辞めたほうがいいよ。

 

 

 

一年生の方は、まだサークルに完全に馴染んでいない時期だと思います。ちゃんと、この時期に今後どんな環境に所属し、どんな生活を送るべきなのかを知ってほしいと思います。

 

2年生以上の方は「楽しいし、大きなお世話!」と思う方も多いかもしれません。

 

だけど、「楽しい」「仲間がいる」という状態に依存する大学生活は端的に言って

クソ

です。

 

親に学費を払ってもらっていて、大学という何でもできる環境を与えてもらているのにも関わらず、時間の過ごし方は小学生と同じ。

 

考えてもみてください。

今入っているサークルでの活動は、本当に大学生活でやりたかったことですか?

サークルに入っている学生の実質的な活動って、ほぼサークルだけです。

みんな授業は聞かないし、休み時間も友達とだべるか、どっか遊びに行くか。

それで、授業後にサークル行って、家に帰って寝る。その繰り返しです。

これを、堕落的な生活と呼ばずに何と呼ぶか。

 

でも「楽しいから」「仲間がいるから」そんな理由でずっとその環境に依存し続けます。

 

 

じゃあ、どんな活動をすればいいの?

 

 

そんな疑問を持った人は、大正解。

答えは至極単純です。

 

 

後先を考えて、長期的にみて必要でかつやりたいことをやる。

 

 

もし、サークルに依存した生活を続けていった場合、卒業後どんな未来が待っていますか。

 

頑張って大学に入って、高額な学費を払ったのに、自由に好きなことをできない時間が40年続く人生って最悪ですよね。

 

だから、今のうちからできることをやっておくんです。

そういう意味での長期的で、やりたいことをやるっていう意味です。

 

あなたの人生は、サークルで楽しい時間を4年間過ごすよりも、大学4年間の時間を準備に割いて次の40年にやりたいことをやったほうがスパークします。

 

しかも、この準備が楽しいこと楽しいこと(笑)

 

僕は、将来バスケをして生活したいのでバスケをして生活できるシステムを作りました。

いわゆる経営です。

 

 

「経営・・・?敷居高すぎ・・・」

 

そんなことを思っている人に、将来の準備をすることがそこまで難しいことではないこと、そこに向かって努力していくことがとても楽しいものであるということを知ってほしい。

 

上に、シリコンバレーだとか大会運営だとかいろいろ書きましたが、これらを実行するのも本当にたいして難しいことではありません。

 

それを伝えるために僕の団体は存在します。

 

あなたの人生をスパークしたものに。

サークルへの応募はこちら!