【実はあなたも?】今に不満を感じる人に必要な3つの要素

みなさんこんにちは!

「IoT開発こみゅにていCR_ASH」のべすべすさんです!

 

今でこそ、3Dプリンターや電子工作などで、

「ドローン」や「リモコン」などのモノを創れるようになり、

少しずつやれることも増えてきました…(笑)

 

しかしそれは最近のこと…。

今回は過去の体験談、

そして実際にうまくいっている人から聞いて感じた、

現状の不満を一歩脱出する対処法」についてお話ししようと思います。

 

前に進めない人の3つの要素

まずは自分の過去についてさらっと話そうと思います(笑)

 

自分は大学1年生の時に、すごく晴れやかな気持ちで大学に入学しました。

出身の広島の自分の地区は田舎町で(景色は最高です(笑) )、

およそ都会とは離れた世界。

そんな田舎もんが、日本の中枢、東京に来たもんだから、

もうなんでも出来る気しかしませんでした(笑)

 

しかも理系でモノづくりに関わるもんですから、

勉強したら絶対できるっしょ!

当時はそんな心境でした(笑)

 

そんなべすべすさん。入学して1年後、とある映画に出会います。

それはマーベル作品のアイアンマン

この作品では、主人公トニースタークが、

自分の創ったスーツ「アイアンマン」を使って、

悪と戦うというストーリー。

 

この主人公の着ているアイアンマンスーツが

ほんっっっとうにかっこよくて、

当時のべすべすさんは決意しました。

そうだ、自分もこんなすごいモノを創れる人になろう!

 

やる気に満ち溢れたべすべすさん、この時はすんごい熱量でしたね(笑)

アイアンマンの理論上の作り方を調べたり、文献で自分なりに考えたり…。

その結果、

自分で「荷物を浮かせられる装置を創ろう!」

となり、製作を始めました。

(写真は当時のスケッチ。懐かしく恥ずかしいですねw)

改めて今見ると、雑すぎるスケッチ(笑)

でも、作る気満々だったべすべすさん。

アルミ缶やらバーナーやらプロペラやら色々買ってきました!

工具もなかったので、必要になったら買ってくる。

これで数日間格闘しました。

 

その結果…。

 

ぜんっぜん出来なかった。

勉強してても、自分でやりかた調べてやってみても、

ぜんっぜん出来なかった。

でもそれは、もちろん技術の問題もあるけれど、

一番の問題はそこじゃなかった。

 

一番の問題は、

お金が足りない!材料工具足りない!

ということ。

当時自分は、工具から材料から全部、

バイトしながら買っていたのですが、

 

一個一個の値段が高い

それに対してバイトしかしてないもんですから、

お金は少ししか入らない

買っているものが正しいかもわからないものですから、

そのうち「出来ないんじゃないか…」と思い、挫折しました。

「何か作るって、すんごく大変なんだな…」と。

 

(この経験から、自分が本当に何か創るなら、モノづくり以外の知識も必要じゃないか!?と感じ始めましたが、それはまた別のお話。)

 

皆さんもこんな経験ありませんか?

 

自分はモノづくりの例でしたが、

「部活でめっちゃ練習したけど上手くいかなかった」

「大学入ったけど、なんか思ってたのと違った」

など、大なり小なりの苦い経験、思ってたのとちがったけいけがあるのではないでしょうか?

 

でも実際にうまくいっている人もいる。

この人たちと自分たちの違いは何か。

それは、自分は行動する場所」や「教えてくれる機会」、「学ぶもの

がどこか欠けていると考えています。

 

部活でがむしゃらに練習やっていませんでしたか?

大学入っただけでどんな友達と、どんなところで過ごすか悩んでませんか?

 

今回の自分の例だと、

「教えてくれる人もいないし、設備がある場所でやっていなかった。」

のが原因の1つです。

探せばドライバーくらい、工具くらい貸してくれるところはたくさんあります。それを自分は知らなかっただけ。

 

これ自分にも当てはまるかも

と思ったあなた。

まずは自分のペースで探してみましょう。

自分に合った場所を。

 

p.s.

とはいえ、そんなところはなかなか見つかりません。

自分も探しましたが、「場所」だけなら死ぬほどあったので(笑)

どうしようかな…と思った人は連絡ください。

自分も悩んだ人間の1人として、一生懸命相談に乗ります。

 

IoT開発こみゅにてぃ CR_ASH

【「誰もが気軽に創れる!」を実現する】

サークルへの応募はこちら!