自己紹介の時に彼女ほしいと言いまくっていたら、二週間で彼女が出来た。

どうも、大学生のトライさんです。

 

 

この前の続きの話をしましょう。

 

 

以前はつまらない毎日を変える一つの方法として学生団体などに入ることを一つ勧めましたが、

とにかく、学生団体に入っておいて損することはない。

ということだけは強調しておきたい。

 

 

僕が学生団体に入っておいしいなあと思ったこと

彼女が出来る

 

これはでかい。

 

僕も普段は大学に通う普通の学生ですが、

彼女がいるか否かは、大学生にとって死活問題です。

 

彼女がいれば周りの学生の中で優越感を味わえること間違いなし。

 

 

ではなんでこんなクソ陰キャラの自分に彼女が出来たのか。

 

団体に入って思ったのは、自己紹介の大切さでした。

人の第一印象は、やはり大事です。

 

僕の団体では自己紹介で、自分の価値観や

今現在自分のしている活動を相手に伝えることを目的としているのですが

第一印象で、こいつと一緒にやっていきたいとか

こいつにあいつ紹介してあげれば面白いんじゃないか

っていう気持ちに相手がなるように話しなさいと言われています。

 

 

あーーーなるほど自分の理想像とか、そのために今している活動を伝えることが大事なのかー

例えば(すごいざっくりですけど)、

公認会計士になって、会計のスキルを使って様々な企業の役にたちたい。

そのために今必死になって簿記の勉強をしている。

とか。

 

 

 

なので僕は、、、、

 

めちゃめちゃ可愛い彼女が欲しい

 

という理想を初対面の人に話しまくりました。

もちろんキモがられない程度にww

 

そのために普段からコミュ力を高める練習をしたり、

ウェイ系のサークルに入ってみたりしていますと。

 

 

ばかばかしいと思われるかもしれませんが

その結果、

 

男に飢えているという女子大の子を

友達から紹介してもらい、

見事、彼女を作ることができました!!!!!!

 

 

 

学生団体に入るとこんないいこともあります。

 

あ、ちなみに今は彼女いないので、随時募集中です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サークルへの応募はこちら!