この教科の勉強は外せない!

 

こんにちは、大学と聞くと色々と高校の時とは勉強が違うのかな?と思いがちですが、1年生の時は高校生の時に習った教科を再度勉強したりします。

大学受験の時にやっている教科なら勉強はそこまで必要ありませんが、全く勉強した事がない教科に関しては今から少しだけでもやっておくと良いので、今日は高校の時に勉強した教科の中でも特に問われやすい理科でどういった所を事前にやっておくと良いか!についてお伝えしていきたいと思います。

物理

物理の場合大きく分けると、力学、電磁気、波動、熱力学とありますが、その中でも特に重要になってくるのが力学。力学は学年が上がっていっても使う大切な分野なので、ちょっと物理やってなくて不安だな!という人は先ずは力学をやってみると良いです。

化学

化学の場合大きく分けると、無機、有機、物質の変化とありますが、その中でも特に重要になってくるのが物質の変化の酸化還元反応や熱化学。先に紹介した物理の力学と同じくこの辺は学年が上がっても大切なのでやっておくと良いでしょう!!余力がある人は無機と有機もどの物質が無機でどの物質が有機なのかの分類分けもしておくと後々楽になります。

生物

高校で習った理科の中でも特に重要になってくるのが、この生物になります。国家試験でも生物を知っていれば解ける問題があったりするので、もしも大学受験で生物を使わなかった人はきっちりやっておく必要があります。

生物の場合、遺伝子、生命の連続性、環境、進化、生態系、とありますが、遺伝子と生命の連続性はかなりの必須になるので今の内からやっておくとかなり楽になります。それ以外の分野は特に問われないので大丈夫です。

もちろん上の教科は大学が始まってからでも大丈夫ですが、最初は大学生活に慣れるのに中々時間がかかったりと大変だったりするので、もしも今時間があるという人は今からやってみると良いと思います。

サークルへの応募はこちら!