キャリアっていつから考えるの?

学校に入ってしばらくすると社会に出て、こんな筈ではなかったと愚痴る社会人が多い。

いろんなところに人生の分岐点あったけれど、選択できなかったのは自分が悪いわけ。

将来どのくらい暇があって、どれくらいお給料が出るのかとかは早めにリサーチ。

 

そしてそれを元手にどんなことをやりたいのか。人生を通して何をしたいのか。

 

極論、どんな風に人生を終えたいのか

 

 

 

ぶっちゃけ分からないと思う。だからこそ研究する。

歯科医師だったらこういう働き方があって、これくらい貰える。

衛生士だったらこういう働き方があって、これくらい貰える。

技工氏だったらこういう働き方があって、これくらい貰える。

 

でも、私がやりたいことをやるためにはこのスキルが必要だなと感じたら、それを身につける時間や労力のことも考えなきゃ本末転倒。

もしも自分のしたい働き方がないなら、自分で作るしかない。それは大変だし、バカにされるし、疲れる。

でも応援します。

人生はやり直しするとき、異常なほど労力を使うし「弱くてニューゲーム」になる。

だからこそ、最初のスキル振りを考えることは大事になるんだね。

サークルへの応募はこちら!