一人暮らしする人必見!!大学の目の前に住むのをオススメしない理由

こんばんは。

今日は雨が降って外に出にくい日でしたね。

 

 

今日はこれからの一人暮らしに向けて住む場所をまだ悩まれている人向けにお伝えできればと思います。

住む場所で一番考えるのが場所ですね。中には大学の目の前に住もうかな!という方もいるかもしれませんが、実はそれちょっと危なかったりします。

 

 

 

 

どうして大学の目の前に住むと危ないのか??

一見近いから物も直ぐに取りに行けるし昼間は帰って昼寝もできるしで、大学の目の前に住む事は良さそうに見えますが何故危ないのかというと他の友達も簡単に来れてしまうから!

 

最初は大丈夫ですが仲が良くなってくると、どうしても気軽に行けてしまうという事でコンビニ感覚で来る人が出始めます。最初は話せるし楽しいかもしれないのですが、休んでる時とかにいきなり来られるとだんだん安心できる一人の時間が無くなってくるので結構ストレスが溜まります。

 

それに、デートしようとかプライベートの時も家が大学の目の前だと誰に見られているか分からないから落ち着かないものです。それこそ友達だけならまだしも、大学の教授や職員さんにも見られているかも??と思うと嫌ですよね。

 

 

じゃあどれ位の距離が良いの??と言うと大体歩いて10~15分位の距離がオススメです!

それ位の距離があれば、いきなり来たりする人もいないですし家で友達と遊びたくなった時も来れる距離なのでちょうど良いと思います。逆にそれ以上の距離になると歩いて行くにしても毎日となると辛いので、自転車通学になってきますが、大学によっては生徒用の自転車置き場もあったり無かったりなので、事前に駐輪場が大学に有るかチェックしてから住む場所を決められる良いです。

 

 

 

住む場所は一度決めると6年間の間で中々変えにくいので、最初は慎重に決められると良いです(^^)

サークルへの応募はこちら!