最高最強の歯科教材

実は歯科関係のテストって案外チョロい。

今から話すのはあんまり基礎系には向いてない話ですので、そっち系苦手な人はまた後日。

歯科の勉強は日常の積み重ねです。なんてことは、学校の先生に言われ続け耳にタコができてるだろうから言わない。教科書とか文字ばっかりでつまらないし飽きちゃう。

もっと手っ取り早く楽しく勉強できないかなと考えている時に閃きました。

 

 

自分の身体を教材にしちゃえば良いじゃん

例えば正しいブラッシング方法であるならば、正しい歯ブラシの使い方を調べて今日から実践。この磨き方だと楽に磨けるけど、あんまり汚れが取れないとか、問題を解くときに直感でわかるようになります。

歯ブラシ終わった後に鏡を見て、この歯はこんな形しているんだなとか発見があるはず。めっちゃ犬歯削れてるやん。誘導してんだなぁ。とかとか。

でそうすると咬耗について気になって来るから、今度は咬耗を調べる。ブラキシズムでなるのか。予防方法はなんだろう?処置法はなんだろう?

小さい頃に泳ぎを教わったり自転車に乗れるように訓練した人はわかると思うけど、一度身体に染みつけたことは簡単には忘れない。

教科書以外でどっから情報引っ張ってきて勉強するのかと言うと、ネット。たまに間違っていることあるけれど、思いついたときにすぐに調べることができるお手軽さは外せない。

自分の身体を教材にした時の最大のメリット

 

テスト会場に持ち込み放題。解き放題。
でも自分の身体にどんなヒントがあるかしっかり事前に把握していないと何にも解けません。一度も読んでいない教科書から特定の一文を探すのって大変でしょ?
一度は自分の身体にどんな勉強のヒントが眠っているか確認してみよう。

↓分からないことがあったらここで聞いて見てください

https://goo.gl/forms/3PbpgIoBS7hl0poA2

サークルへの応募はこちら!