金なし、コネなし、経験なし 起死回生! この際話しておきたいなにくそ私の学生物語 

こんにちは。

突然ですが、私は1年生のころ悩んでいました。

 

どうしてこんなくだらない奴が一緒の学年にいるんだろう?こんな先輩しかいないんだろう?

 

 

毎日遊びほうけていて、暇さえあればインスタ、スマホゲームに明け暮れて一週間を過ごす。その割には勉強をおろそかにして、何教科も再試になっている。「テストなんて過去問をやっておけば大丈夫っしょ。」

「は?何言ってんのこの先輩、ここまで堕落した学生もいるんだな。これじゃ国家試験の合格率も低いはずだ。」

こんなクソみたいな先輩しかいない大学にうんざりしました。

 

せっかく高いお金を払っているのに周りの友だちはみんな不平を言って何も生産性のあることをしない。

 

本当にこんなところにいたら自分は負のオーラ、空気に押しつぶされて終わってしまうんじゃないか?とても怖かった。

 

悩みを教授、講師の先生に言ってもらちが明かなかった。なぜならば彼らは僕たち学生を構っている暇がこれっぽっちも無いからだ。私みたいな見ず知らずの学生に構っている暇があったら論文の一つ書いてるんだろうな。そんなことも思っていましたが、実際は違いました。ただの怠慢。結局は自分の利益欲求のため、患者から治療で信頼され、学会で顔が立てられていればそれで満足してふんぞり返っている先生ばかりでした。もちろんまともな先生もいます。しかし、学校の中ではまともが故、干される。理不尽が渦巻いています。

だから私はとても悩んでいました。「このまま自分の一度きりの人生、そんな奴らに無駄にされてたまるか!」と。

私自身今この瞬間何がしたいか?ぶっちゃけ分かりません。けど、何かしたい。一緒に、志高い誇りをもって何かに熱中している歯科学生と社会に価値ある物を与えたい。

どんな形になるにせよ、我武者羅に、確実に価値ある人間になりたい。こうやって学校の外に足を運んでも見ました。

しかし、そこでも私を悩ませることがありました。

学外の学生団体、イベント、勉強会に参加したら何か得られる物はあるんじゃないか?そんな期待もしていましたが、実際にふたを開けるとそんなことはありませんでした。

どこの団体も「目標が無い」。これはさっきのよりもさらに深刻で、友達のいないイケてない物どうしで集まって「学生団体や、○○勉強会」の看板を付けて暇をもてあそんでいるだけ、本当に最悪でした。

学生団体だから何か志をもって、大義名分を持って活動しているのかと言えば、実際は違いました。

目標が無いから、ただやってるだけ。「無給で意味のない、何も実りの無い事をやってるだけ。」正直吐き気も覚えました。

ほとんどの部活、学生団体は、みんなが右を向けばバカの人覚えにみんな右を向く。それが間違っていたとしても、もはや気づかずに部員全員で右を向く。

本当にこんなところにいたら日本の負の文化に染まりすぎて、自分が主体性をもって何もできないクズ人間になってしまうんじゃないか?と思い、本当に怖かったです。

しかし、この歯科学生団体OSCEは違いました。

たまたまツイッターかFacebookを見ていた時に見つけたこの団体ですが、なにが凄いか?

これからこの団体に入ってよかったメリットを10上げます。

1、自分の志、大義名分、ビジョン、ゴールが見つかる。;これはその辺の本屋にあるうっすっぺらい内容の自己啓発よりも10000倍価値あることだと思います。そのゴールに向かって走れる、応援してくれる仲間がいるため、私みたいな情緒不安定な人でもしっかりと地位に足を付けて行動することが出来ます。

2、寂しさを感じない。なんでしょう、日々やってくる自分は1人なんじゃないか?と思う孤独感や恐怖が自然と無くなります。それはきっとそういうことを解消できる仲間がいるからでしょう。

3、大学生活をきちんとできるようになった。日々、やっていて意味のあるのか分からないテスト、毎年同じことを書かされて本当に添削されているのか分からないレポートをこなすのって本当にストレスが溜まります。自分の将来を考える暇さえも無くなります。そんな中でもこの団体に入ることで、きちんと規則正しく生活して、ストレスなく学校生活をエンジョイすることが出来るようになります。

4、美味しい物が食べられる。都内にある美味しいお店をいくつ紹介することが出来ますか?食を大切にしない人は自分を大切にしない。自分を大切にしない人は、他人を大切にできない。食を大切にしない人は、他人を大切にしない人です。私は基本、食事と言うものを大切にできない人は少なくともそういう人だと疑います。適当な部活だと基本マック、吉野家などいわゆるファーストフード、コンビニ弁当でご飯を済ます人が多いです。医療従事者である以上、毎回のご飯を大切にすることは本当に大切です。ご飯を大切にするから人を大切にするという重要なマインドが培われるのだと思います。

5、歯科医療者以外の夢が見つかる。皆さん歯学部、歯科衛生士学校、歯科技工士学校に行ったからと言ってなぜ最終職業が歯科医、歯科衛生士、歯科技工士なんでしょう?私はその考えは一種のマインドセットな気がします。歯科衛生士になったからアパレルを諦める、など本来自分が好きなものを趣味レベルで終わらせて人生をフィニッシュするのは本当にもったいないことです。そもそもなぜそんなマインドになってしまうのか?それは今まで親、小学校、中学校、高等学校、大学、の先生によって間違った教育をされてきていたから。中にはきちんと生徒、学生に寄り添ことができる先生もいます。しかし、今この瞬間、本気で歯科の勉強に打ち込めてない人は今まできちんと生徒に寄り添うことができる先生に会ってはいないでしょう。なぜならば本気で寄り添うことのできる先生は生徒に好きな事を無限にできるようにさせるスキームを教えてくれるからです。私は学生団体OSCEで自分の夢は何なのか?そのために何をすべきなのか?宗教みたいで怪しいけど本当に心から打ち込めるものに出会えることが出来、みんなに支えられながら少しづつ自分のペースで成長することが出来ています。

6、活動内容がいたってシンプル。これが意外と私の思う中で重要。なぜならば部活に入るとわけのわからない役職につかされてただでさえ勉強時間が無い中、無駄な時間を取られることが特に多いから。活動内容がシンプルだから気軽にできるし、何より大切な続けることがせこるから自然と嘘みたいに「継続力」を付けることが出来る。どんな活動をしているかと言うと、ここでは書けないので実際に団体の活動に参加しましょう。これなら簡単に私にも出来ると確信できるはず。逆にこれ以上シンプルなものは無いから団体の活動に参加していれば大抵の歯科業務をこなす基礎にもなってくると思います。

7、勉強ができるようになる。国家試験が難しくなる傾向にあるため私たち歯科学生(歯学部、歯科衛生士学生、歯科衛生士学生)はほとんど毎日勉強に追われがちです。でもそれって効率面から言うと本当にナンセンス。「高校の延長が歯科の勉強だからとりあえず毎日勉強すれば国家試験に受かる。」など甘い考えを持っていると足をすくわれて進級のテストすら浮かれなくなります。その問題はあなた一人だけでは絶対に解決できません。下手な精神論、自己啓発で受かる国家試験なんて今の40代、50代の歯科医師の時だけ。そもそも今の40代、50代、60代の歯科医師はほとんど勉強せずに国家試験に受かれていました。今学校で受けている授業をしている先生は偉そうなことを正論のように言っていますが、学生時代に勉強はほとんどやってません。実際に学生時代に外部学生団体に所属して勉強をしていたか聞いてみてください。90%やっていなかったと答えます。ここでも先生たちに唖然とさせられるんだから、教鞭に立つ先生たちの勉強方法がいかにコンテンツとして終わっているか?オワコンなのかが分かってきます。しかし、20代、30代の私たち世代は違います。今からきちんとした勉強方法をマスターして国家試験なんか余裕!って言えるくらいまでにしておかないといけないのです。

8、様々な情報が一同に集まる。皆さんきちんと自分に有益な情報を得られていますか?私は1年生、2年生の時ほとんど自分にとって有益な情報を得られることが出来ませんでした。なぜならば自分の学校で情報収取を完結させていたから。よくよく考えればそんなんで有益情報が手に入るはずもないのに、私は学年一番のバカだったのでそこに気づくことが出来ませんでした。情報はひとが集まるところに多く集まります。ちょうど田舎と都会を比べた時、どっちの方が新しい情報をより多く得ることが出来るか?常識的に一目瞭然であると私は思います。

9、迷いが無くなる。学校に入ると取り合えずTOEIC、英検、英語の勉強など、とりあえずで勉強しようとします。ここまで記事を読んでいる方にもいらっしゃるかもしれません。謎の「暇なら英語勉強しなきゃいけない理論」そんなんで英語の勉強は絶対に続きません。継続的に英語の勉強ができているまともな歯科学生を一度も見たことがありません。もしいるとしても勉強ばかりでTOEICの点数を取れるけど実際に使えない。英語で外国人と話せない。そんな意味のない英語の勉強をしている人ならわんさかいます。使えないならその時間スマホでゲームをしている終わっている学生と実質同じになります。そうなるのが嫌ならば、即座に国家試験以外の無駄な資格勉強はやめることをお勧めいたします。その心配が無くなるのもこの団体の強みになっていると思います。

10、      最後、これが重要自分にとって最適な仲間と出会える。価値観が同じ仲間を作れる。「歯科医療以外にも広い視野を持ち、人の為に行動できて、将来勤務など雇われ側ではなく自立したい人。」一言で言うとこういう価値観を持った人の仲間と出会えます。普段の学校だけでは絶対に出会うことのできない貴重な仲間を作ることが出来ます。

以上ここまでが歯科学生団体OSCEに入ってよかったメリットです。

共感して詳しく団体を知りたい方、説明会やります。

ご参加ください。

注意歯科限定です。

歯学部、歯科衛生士、歯科技工士学校に通われている方限定です。

 

https://goo.gl/forms/c477aj9Le0d06ulJ3

サークルへの応募はこちら!