「夢」が見つからない人へ。1人の大学生と会い、僕が感じたこと。〜志取材〜

「夢」が見つからない人へ。1人の大学生と会い、僕が感じたこと。〜志取材〜

 

上智大学1年生、杉山健成くん19歳。

今回は、宇宙事業を夢見る彼に取材を行ってきました。

 

彼に取材をした理由は2つ。

 

1つ目。

実は、僕も大学1年生で、将来、「コレ」を仕事にしたい!というものが見つからないまま、18年間生きてきました。

そんな時、知人から「宇宙を仕事にするために頑張っている大学生がいる」と聞き、その知人を通じて健成くんとの取材をセッティングしました。

 

そして2つ目。

これは単に、僕も宇宙が好きだからです。

みなさん、「宇宙兄弟」という漫画はご存知ですか?

実は、この漫画の大ファンで、宇宙が好きになりました。

宇宙というのは、壮大です。

 

いや、無限大です。

 

そんな、単に宇宙好きの僕が、人生を宇宙に捧げようとしている彼と、会ってきたというお話です。

  

 

 

1、彼が宇宙に興味を持ったきっかけ

 

彼の第一印象は「大人びている」という感じ。

「大学1年生」という情報しか持っていない状態で会ったので、正直最初は「え?この人?」と、思いました。

とても19歳とは思えないようなオーラをまとっていました。

彼の深い人生経験と、自信に満ちた雰囲気が、きっと僕にそんな錯覚を見せたのかもしれません。

 

では、そんな彼が、なぜ宇宙事業を志すようになったのでしょうか。

 

その答えは意外なものでした。

 

それは、

地元から見える星が、キレイだから。

彼の地元は、埼玉県の田舎町。

高校時代、野球部でピッチャーだった彼は、毎日遅くまで練習があり、ヘトヘトになってたどる家路はいつも真っ暗。

 

その頭上には、満点の星空。

 

綺麗な星を見るのは、誰だって好きですよね。

 

家から星を見たり、天体観測をしたり。

いつしかそんなことを繰り返しているうちに彼は、星に魅せられ、そして宇宙に魅せられていきました。

 

 

しかし、その時はまだ【「宇宙」と「仕事」】

 

この2つが結びつく段階ではありませんでした。

 

それは「宇宙」という存在が、あまりにも途方なもので、壮大なもので、手の届かないもの。

 

そんな認識が彼の中にあったからだと思います。

ましてや、日本という国ではアメリカやロシアなどと比べ、宇宙事業があまり発達していません。

そんな環境では、「宇宙は夢の世界」という認識があっても、おかしくありませんよね。

 

僕も、宇宙は好きですが、それを仕事にしたいとは思いませんでした。

 

それはやっぱり、ハードルが高いから。

でも、彼は違いました。

 

やがて彼は、自分の人生を変える2人の人物と出会います。

 

1人目は、

20代にして宇宙関係のベンチャー企業の社長をしている男性。

彼は、なんとなく参加した宇宙関連のイベントでこの男性と出会います。

 

その時、彼は

「宇宙を仕事にしていいのか!」そう思ったそうです。

手の届かないものだと思っていた「宇宙」という世界がグッと近づいた瞬間でした。

 

 

そして2人目。

 

その人物とは、なんと13歳の中学生。

話を聞くと、その中学生がとにかくすごい!ということが伝わってきました。

弱冠13歳にして英検1級に受かっているそうで、その子も宇宙事業を目指しているんだそう。

 

 

そんなスーパー中学生を目の当たりにした彼は、

自分との差を痛感し、

「あっ、俺がやらなくてもいいじゃん」「俺は主役じゃなくてもいいや」

と思ったそうです。

だって、主役はあの子であり。あの子のような子たちだから。

 

自分は主役になるような子たちには遠く及ばない存在だから。

 

そこで彼は主役になることを諦めると同時に、主役を支えることを決心しました。

 

様々な出会いを経験し、彼は主役ではなく脇役。

 

宇宙コンサルタントになりたいと、思ったそうです。

宇宙コンサルタントとは、宇宙を仕事にしている人たちをつなげ、宇宙事業の発達に尽力する。文字通り、「支えること」をする職業です。

 

2つの出会いを通じて、彼は自分の進む道を、決めました。

2、現在している活動

 

将来、宇宙を仕事にするために、彼は現在どんなことをしているのか。聞いてみました。

 

大学1年生ながら、宇宙ベンチャー起業のインターンと、経営コンサル系のインターンの両方を無給でしているそう。

学校と2つのインターン。

とても多忙な毎日で、睡眠時間も削っているそう。

 

「無給」という言葉に、胸がジーンとなるような驚きを感じました。

 

睡眠時間をも犠牲にし、無給で働く。

 

僕の価値観として、

 

無給で働くことは考えられませんでした。

 

人の根底にあるものは、必ずお金だと思うからです。

日本だけでなく世界の価値の価値基準はお金がもとになって、回っていると思うからです。

 

しかし、彼は無給で働いています。

 

僕の価値観は崩落しました。衝撃を受けると同時に、

彼の本気度と、情熱が、伝わってきました。

 

自分の目指す目標に対し、

脇目も振らず猛進し、妥協を許さないその姿が少し羨ましく思いました。

 

3、最後に

 

取材を通して、杉山健成という人物の凄さがとても伝わってきました。

 

彼は、他には染まらない。

 

杉山健成という人格であって、それ以上でもそれ以下でもない。自分の中に絶対を持っている。

 

そんな彼が少し、羨ましかったです。

 

ここで、印象に残った彼の言葉を、いくつか紹介させてください。

 

  • 論理的に考える奴は結局失敗する。だから、楽しいと思うことをすればいい」
  • 「生き方なんて人それぞれ、どっちが正しいとかじゃない。どっちでもいい。だから今したいことをする」
  • 「夢は変わってもいい」
  • 「頑張っている人が偉いわけじゃない。人の生き方は否定できない」
  • 「興味のある本しか読まなかったら、自分の興味の中だけの人間になってしまう。だから興味のない本を読む」
  • 「俺は70億人のうちの1人でしかない。だから、主役じゃなくていいや」

 

重みがすごいんですよね。

 

言葉に込められた想いの重みが。

 

あっ、この人は本気なんだな。と思わせてくれる。

 

最終的な目標はなんですか?

と聞くと、彼は「無いです。」と答えました。

 

その言葉が1番、なんとなく生きてる自分にこたえました。

 

人生は人それぞれ。今したいことをすればいい。

きっとそれが彼のポリシーなのでしょう。

 

最初に言いましたが、僕にはこれといった将来の目標がありません。

だから彼に会いに行きました。

でも、彼も目標は無い。と言いました。

僕のようにやりたいことが見つからず、悩んでいる大学生が多くいると思います。そんな人に伝えたい。

 

彼も言っていました。

 

「夢は、無くたっていい。」

 

今、やりたいことを妥協せずにやる。

それが1番大事なんだと思います。

 

平凡な大学生である僕が、スーパー大学生杉山健成くんと出会い、

 

価値観を狂わされたこと。

生き方を否定することを否定されたこと。

夢を持つことを正当化しないこと。

 

これら全ての経験が、宝物になりました。

今、この記事を読んでいるあなたにとって、この記事が、少しでも自身を考えるきっかけになることができるのであれば、幸いです。

 

 

これから先、彼はどんな風に成長し、どんな人物になっていくのか

楽しみで仕方ありません。

 

きっと、

今も彼は主役ではない”支える側の人間”になるために、まだ見えない夢を追いかけていることでしょう。

 

(文/広大)